ブライダルエステの起源

ここ数年ブライダルエステの需要は高まり、結婚式を行ったカップルの約半数以上がブライダルエステに通う時代になっています。エステと言えば高価というイメージが強いですが、実際は数万円から通う事もでき、気軽にブライダルエステを受ける事ができます。

エステ自体の歴史は長く、18世紀のフランスが起源と言われています。この時代間マリー・アントワネットなどヨーロッパ王妃が注目された時代です。王妃たちは常に美を追究して生活をすることが最も重要な事と言われていました。その一つに現代につながるエステが行われていたといわれています。日本ではエステの起源であるフランスで技術を学び、明治時代に美顔術として広がったのが始まりです。

特にブライダルエステは結婚式までに行うという期限が決まっており、施術メニューもある程度決まっています。そのため低価格で提供できるため需要が高くなっています。エステと言えば何十万から百万以上と思っている人が多いですが、ブライダルエステは数万円から受ける事ができ、平均でも10万円前後で十分なサービスを受けることができます。ブライダルエステが定着してきたのもここ数年で、価格競争が激しくなるなか技術も高まっています。光エステや美白パック、脚のむくみ取り、痩身コースなど需要によって選択できるようになっています。自分に必要なものを選べるので一回の単発で施術する人もいれば数回通うかよう人もいます。無理なく通うことができ、満足度も高くなっています。

Copyright ブライダルエステが生まれた理由 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner